2010年05月21日

口蹄疫感染拡大で動物用消毒薬に注文殺到、在庫切れの恐れも(カナロコ)

 口蹄疫の感染拡大を受けて、動物用消毒薬の需要が全国各地で急増している。販売会社や製造会社では在庫が底をつきそうな事態に。畜産農家を守ろうと飼料業界では支援に向けた動きも進んでいる。

 畜産機材を販売する協同インターナショナル(川崎市宮前区)は、畜舎で使う消毒用衛生マットや消毒散布剤の注文が舞い込んでいる。1970年代から欧州製の畜産機材を輸入販売しており、取引先は全国にある。池田謙伸社長は「供給が追いつかない状況だが、長年付き合いのある農家をできる限り支援したい」と対応を急いでいる。

 明治製菓(東京都中央区)は動物用の塩素系消毒薬を緊急増産している。「口蹄疫が確認された4月20日からの1カ月で5年分を出荷した」と広報担当者。増産態勢にもかかわらず、在庫は底を尽きかけているという。

 配合飼料メーカー各社は飼料の配送車を消毒したり、営業担当者が訪問先ごとに長靴を替えるなど感染防止を徹底。家畜を殺処分した農家に対して飼料代の支払い猶予を検討する動きも広がっている。

 配合飼料大手の協同飼料(横浜市西区)は「被害を受けた農家が経営を継続できるよう可能な限り対応したい」。別の配合飼料メーカーは「過去に例のない規模。取引先に感染が拡大すれば、今後の業績に影響が出かねない」と話した。


【関連記事】
口蹄疫拡大で緊急調査、県内は感染なし/神奈川県
飼料米に脚光、収穫増と省力化進む/神奈川
産学連携で高校生が「エコ中華まん」開発/相模原

<医師法違反>甲子園常連校から引っ張りだこ 実は…無免許で整体、容疑の女逮捕(毎日新聞)
北沢防衛相、23日にも訪米で最終調整(読売新聞)
熱中症で男児死亡、母親を逮捕=車内に放置しパチスロ―高知県警(時事通信)
高速新料金、6月実施先送りへ 審議入りのめど立たず(産経新聞)
鞆の浦 架橋計画推進、反対派初の公式協議 広島県が主催(毎日新聞)
posted by カジ ススム at 16:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

いつもはSのお姉たまやけど、昨日はドM女にチンチン買ってもらったで!
尺八させて顔に精○ぶっかけたら、めちゃ喜んでたわ(笑)

てかこのサイトって変☆態☆女しかおらんのかい!!wwww
http://topo.Specover.com/3wzgwel/
Posted by ダメな女の子ばかりやなwww at 2010年05月22日 03:26

ホテル入った途端、押し倒されたぞ!!
お口でギンギンにさせられて挿入!しかもナカダシ!!

そのまま満足するまでHして、7マン置いて帰っちゃったよ!!
ゆとり世代なのか知らんけど、最近の女の子って凄すぎるな(笑)
http://Cybersyndrome.info/nsk/482eh-o/
Posted by これがジェネレーションギャップか笑 at 2010年05月29日 13:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。