2010年02月15日

官房長官、小沢氏辞任論「世論調査、一概に判断できない」(産経新聞)

 平野博文官房長官は8日午前の記者会見で、報道各社による世論調査の結果、資金管理団体の政治資金規正法違反事件をめぐり民主党の小沢一郎幹事長の辞任を求める声が多かったことについて、「数字は真(しん)摯(し)に受け止めるべきだ」とする一方で、「聞き方によってはいろんな答えが出てくる。一概に判断できない」とも述べた。

 小沢氏が説明責任を果たしていないとの声が多いことには、「こういうことについては、どこまでも国民の声としてはあるんだろう。ご本人が必要なときに説明をされていくと思う」と述べた。

 小沢氏の問題が内閣支持率の低下を招いているとの見方には、平野氏は「数字の持つ意味が十分に分析されておらず、何とも申し上げられないが、真摯に受け止める。予算が執行過程に入れば理解はいただけると思う」と述べた。

【関連記事】
小沢幹事長「辞任すべきだ」7割超す
みんな「小沢」に右往左往 夏の参院選に照準
内閣支持率低下「真摯に受け止める」 鳩山首相
男の退き際とは…引退・朝青龍と続投・小沢、進退の差
鳩山氏「友愛」実現まではひと山ふた山も

東京・大田区職員、覚せい剤所持で懲戒免職(読売新聞)
自民の逆襲、「ミスター年金」たじたじ(読売新聞)
ファイル共有ソフトで映画=ネットカフェ店長を逮捕−上映権侵害容疑で全国初・千葉(時事通信)
首相動静(2月12日)(時事通信)
<陸自幹部発言>「信頼してくれ」では日米同盟維持されぬ(毎日新聞)
posted by カジ ススム at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。