2010年06月08日

<鉄道事故>大声、ベルで乗客連携 ホームすき間に転落の酔客救う(毎日新聞)

 ◇JR加島駅、気づかず発車

 5日午後10時5分ごろ、大阪市淀川区加島3のJR東西線加島駅の上りホームで、大阪府豊中市の男性(41)が停車中の車両の連結部とホームとのすき間に転落。運転士、車掌が共に気づかず発車したが、ホームにいて目撃した乗客2人のうち男性1人が「人が落ちている。止まれ」と大声を上げ、もう1人がホーム内の非常ベルを押した。異常を察知した運転士が非常ブレーキをかけ、男性は救出されたが頭部に重傷。そのまま走行していれば死亡しかねない事故だったが、乗客の“連携プレー”が光った。

 大阪府警淀川署によると、車両は西明石発松井山手行き普通電車(7両、乗客約100人)で、転落したのは4両目と5両目の連結部とホームにできた60〜70センチのすき間。非常ブレーキをかけたため約20メートル走行したところで停止、車掌と駅員が線路にいた男性をホームに引き上げた。

 目撃者によると、男性はホーム上でふらついており、かなり酒に酔っていたらしい。けがは車両と接触した際にできたとみられる裂傷があったものの、命に別条はない。非常ベルを押した人はそのまま立ち去ったという。

 JRによると、加島駅のホームは地下2階にあり、北新地駅方向に向かって急な右カーブに位置しているため、車両とホームのすき間ができやすい構造という。4、5両目の車両は先頭と最後尾に使用する車両で、他の車両とホームとの間にできるすき間より大きかった。同駅はホーム真下に回転灯があり、転落に注意を促している。

 事故処理の対応にあたった淀川署員は「2人の行動がなければ、もっと重大な事故になっていたかもしれない」。通勤に加島駅を利用している大阪市淀川区の飲食店店員、井手直樹さん(20)は「この駅はホームと電車の間にすき間ができるので、必ず下を見て乗るようにしている。よく気づいて、助かって良かった」と話した。

 この事故で、上下計8本が最大約42分遅れるなどし、約1700人に影響した。【林由紀子、安藤龍朗】

野党4党、きょう横路議長不信任案提出(産経新聞)
民主岩手県連大会、小沢氏は欠席の方向(読売新聞)
菅氏優位保つ=民主代表選出へ―新内閣、今夜にも発足(時事通信)
シンドラー製でロープ破断=エレベーター5000台を緊急点検―国交省(時事通信)
4日に代表選と組閣 菅副総理が先行 海江田氏擁立論も浮上(産経新聞)
posted by カジ ススム at 03:41| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。