2010年05月21日

口蹄疫感染拡大で動物用消毒薬に注文殺到、在庫切れの恐れも(カナロコ)

 口蹄疫の感染拡大を受けて、動物用消毒薬の需要が全国各地で急増している。販売会社や製造会社では在庫が底をつきそうな事態に。畜産農家を守ろうと飼料業界では支援に向けた動きも進んでいる。

 畜産機材を販売する協同インターナショナル(川崎市宮前区)は、畜舎で使う消毒用衛生マットや消毒散布剤の注文が舞い込んでいる。1970年代から欧州製の畜産機材を輸入販売しており、取引先は全国にある。池田謙伸社長は「供給が追いつかない状況だが、長年付き合いのある農家をできる限り支援したい」と対応を急いでいる。

 明治製菓(東京都中央区)は動物用の塩素系消毒薬を緊急増産している。「口蹄疫が確認された4月20日からの1カ月で5年分を出荷した」と広報担当者。増産態勢にもかかわらず、在庫は底を尽きかけているという。

 配合飼料メーカー各社は飼料の配送車を消毒したり、営業担当者が訪問先ごとに長靴を替えるなど感染防止を徹底。家畜を殺処分した農家に対して飼料代の支払い猶予を検討する動きも広がっている。

 配合飼料大手の協同飼料(横浜市西区)は「被害を受けた農家が経営を継続できるよう可能な限り対応したい」。別の配合飼料メーカーは「過去に例のない規模。取引先に感染が拡大すれば、今後の業績に影響が出かねない」と話した。


【関連記事】
口蹄疫拡大で緊急調査、県内は感染なし/神奈川県
飼料米に脚光、収穫増と省力化進む/神奈川
産学連携で高校生が「エコ中華まん」開発/相模原

<医師法違反>甲子園常連校から引っ張りだこ 実は…無免許で整体、容疑の女逮捕(毎日新聞)
北沢防衛相、23日にも訪米で最終調整(読売新聞)
熱中症で男児死亡、母親を逮捕=車内に放置しパチスロ―高知県警(時事通信)
高速新料金、6月実施先送りへ 審議入りのめど立たず(産経新聞)
鞆の浦 架橋計画推進、反対派初の公式協議 広島県が主催(毎日新聞)
posted by カジ ススム at 16:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

「ほっともっと」が勝訴=弁当販売、FC契約違反認めず−東京地裁(時事通信)

 フランチャイズ(FC)契約に違反したとして、弁当販売事業を展開する「ほっかほっか亭総本部」(東京都港区)が、現在は別ブランドの「ほっともっと」で営業するプレナス(福岡市)に約106億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が11日、東京地裁であり、小林昭彦裁判長は「違反は認められない」と請求を棄却した。
 判決によると、プレナスは2008年5月まで、総本部と結んだFC契約に基づいて九州、東日本地域で営業。この間、05年に「ほっかほっか亭」の字体を変えた新たな商標を登録したり、07年に総本部が決めた店員向けの新ユニホームの使用を拒否したりした。
 総本部側は一連の行為が契約違反に当たると主張したが、小林裁判長は「総本部のみがブランドを一元管理していたというのは困難」などと退けた。
 FCシステム運営をめぐる両社の関係についても、「総本部は経営ノウハウ提供や運営指導をほとんど行わなくなり、組織の上下関係は逆転していた」と指摘した。
 ほっかほっか亭総本部の話 到底容認し難く、控訴を含め検討する。 

<皇太子さま>首都圏外郭放水路を視察 埼玉・春日部(毎日新聞)
許可区域外で介護タクシー業=容疑の70歳男逮捕−警視庁(時事通信)
自殺 原因「失業」が7割増 30代の増加、目立つ(毎日新聞)
劇団民芸の北林谷栄さん死去(時事通信)
石炭火力 インドに省エネ指南 経産省 インフラ売り込みへ(産経新聞)
posted by カジ ススム at 14:09| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。