2010年04月27日

首相不起訴相当 近く自分にも議決 小沢氏「冷静に判断を」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は26日の記者会見で、自身の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、近く検察審査会が自身への審査結果を出すことについて、「私と私の事務所に1年間の強制捜査が入った結果、不正な献金は一切受け取っていない、脱税しているわけでもない(ことが明らかになった)。私は潔白を証明してもらった」と強調した。その上で「検察審査会もそのことを冷静に受け止め、ご判断いただければいいなと思っている」と述べた。

 検審が鳩山首相を不起訴相当と議決したことについては「審査会の結論として、素直に受け止めるということ以外、ないんじゃないでしょうか」と答えた。

【関連記事】
検察審査会 納得できぬ首相「不起訴」
小沢氏、首相を見放した? 普天間問題の首相進退「私が答える立場にない」
鳩山内閣、政権末期の麻生内閣以下の評価 産経・FNN合同世論調査
小沢氏「前原君がどういうことを言ったか、まったく関心も興味もありません」
「愚かな首相」は共感を得られるか
「裸の王様」次に座るのは…

「与党大幹部に帰化子孫多い」 石原発言に福島党首猛反発(J-CASTニュース)
26日に魁皇への顕彰式=政府(時事通信)
<本屋大賞>冲方丁さん「天地明察」に(毎日新聞)
明石歩道橋事故 妻の墓前に報告「必ず結果出る」(産経新聞)
<NHK>受信契約訴訟取り下げ 千葉県の会社、全額支払い(毎日新聞)
posted by カジ ススム at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

「認知症ケア」など介護関連で3資格創設―職業技能振興会(医療介護CBニュース)

 財団法人職業技能振興会はこのほど、介護関連で「認知症ケア指導管理士」「福祉美容コーディネーター」「健康予防管理専門士」の3資格を創設した。7月に第1回の認定試験を東京都内で実施する。

 3資格はいずれも、高齢社会で必要な専門的スキルを習得し、雇用創出を目指したもの。試験は、認知症ケア指導管理士が7月と12月の年2回、福祉美容コーディネーターが7月と11月と2月の年3回、健康予防管理専門士が7月と11月の年2回実施する。2回目以降は都内以外にも試験会場を設ける。

 認知症ケア指導管理士は、認知症に特化した知識とスキルの習得を目指したもの。医療・介護の現場で働く人のスキルアップが期待でき、在宅介護の家族にも需要があると見込んでいる。福祉美容コーディネーターは、福祉施設の利用者がファッションを楽しむ手助けを、健康予防管理専門士は、企業や地域住民に健康維持のための指導を行う。


【関連記事】
介護現場の「ありのまま」描いた映画、17日から公開
GH入居率向上で営業利益3.6倍―メディカル・ケア・サービス
高齢者虐待防止法、介護者支援重点に見直し検討―山井厚労政務官
介護保険制度や現場の課題めぐりケアマネらが意見交換
介護保険施設などの実地指導マニュアルを改訂―厚労省

茨城空港に初の国内線就航 スカイマーク神戸便(産経新聞)
<帯広市長選>石川知裕議員と故中川昭一氏夫人が積極的動き(毎日新聞)
<偽装献金>判決は20分弱 使途解明はされないまま終了(毎日新聞)
<虐待>老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)
<警察庁長官狙撃>アレフが違反調査請願(毎日新聞)
posted by カジ ススム at 11:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。