2010年03月13日

「犠牲になった友人が背中押して助けてくれた気がする」 秋葉原殺傷の被害者が証言(産経新聞)

 東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大被告(27)の第5回公判が11日、東京地裁(村山浩昭裁判長)で開かれた。当日、友人3人と現場を訪れ、うち2人が加藤被告の運転するトラックにはねられ殺害された大学生の男性が出廷。「背中を(犠牲になった)友人に押された感じがする。自分を助けてくれた気がする」などと、トラックが交差点に突っ込んできた当時を振り返った。

 男性は現場の交差点を渡っているところで事件に遭遇し、後ろにいた友人2人がトラックにはねられ犠牲になった。男性は、「横断歩道を渡っていると目の前の人たちが突然騒ぎ始めた。横を向くとトラックが突っ込んできた」と当時の状況を説明。この男性は、トラックと接触し腰などに軽傷を負った。

 また、この男性が「いつも一緒にいたので死んだのが信じられない」などと述べた供述調書が朗読された。

 起訴状によると、加藤被告は平成20年6月8日、東京・秋葉原の交差点にトラックで突っ込み、3人をはねて殺害。さらにダガーナイフで4人を刺殺したほか10人にけがを負わせた、などとしている。

【関連:秋葉原殺傷事件】
「頭にべっとりと血だまりが」被害者の調書が事件を再現 秋葉原殺傷第5回公判ライブ
「一生車いす」医師の言葉を信じられぬ被害者「本当かよ?」 秋葉原殺傷第4回公判ライブ
証拠不同意 弁護側の姿勢に疑問の声 秋葉原無差別殺傷
「みんな死ねば」加藤被告の悔恨 秋葉原17人殺傷
「道歩くと前後から襲われそう…」トラウマ語る証人 秋葉原殺傷第3回公判ライブ
20年後、日本はありますか?

マックとロイホ、全席禁煙で儲かる!? 全国初、神奈川・受動喫煙防止条例の余波(産経新聞)
「JALは沈んじゃった」=鳩山首相(時事通信)
<養育放棄>3割が無職 経済格差も背景(毎日新聞)
バイリンガルの子 高い会話理解力 京大准教授ら発表(産経新聞)
<秋葉原無差別殺傷>「人生最悪の日」被害者、涙の訴え(毎日新聞)
posted by カジ ススム at 06:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。